Newsお知らせ

  • お知らせ
  • 社員紹介

【社員の声】『仕事以外もめちゃめちゃ楽しい。一所懸命に職人を目指す!』

 

富南電設工業ではこの数年間で新たな仲間が増え、順次ホームページにて紹介しております。

今回は昨年20234月に入社した、富山工業高等学校の電気科卒社員を紹介いたします。

 

社員紹介一覧はコチラから≫≫≫

 

 

◎一所懸命に頑張りたい。

 

光家君は富山県富山市在住で、20233月に富山工業高等学校電気科を卒業し、4月から新卒採用として弊社に入社してくれました。

 

とにかく体を動かすことが大好き。

趣味で6年くらいやっているキックボクシングを、今でも続けている格闘家です。

 

好きな言葉は『一所懸命』

 

「一生懸命」と「一所懸命」

中学の時に学級スローガンで出てきた言葉を覚えています。

 

意味を調べた時に、

「一生懸命」は人生を懸命に。

「一所懸命」はところどころで、その時その時を全力で取り組む。

 

一生懸命も大事だけど、今は『一所懸命』に頑張りたい。

 

高校時代に二種電気工事士の資格を取って、資格を活かせる仕事に就きたいと考えました。

体を動かす仕事、電気屋の仕事がしたいと思っていた時に、学校の先生から紹介され会社見学に参加しました。

川上社長の話を聞き、自分の希望に合っているなと思い、富南電設工業に入社を決めてくれました。

 

 

◎不器用だけど職人さんを目指したい

 

入社してからは研修を受け、現場に出ました。

最初は住宅メインで住宅の仕事に携わり、新築住宅での配線工事を行いました。

その後は別の親方の元、工場の工事を担当しました。住宅の工事とは全然違ってもっと複雑でした。天井面の照明工事をしたり、壁にブラケットをつけて配管したりと経験しました。

 

今ではまた別の親方に教えてもらいながら、新しい住宅兼歯医者の工事に関わっています。

電気科出身だったこともあり、フリーで色々な親方について学びました。まだ1年に満たないですが、様々な工事、親方のやり方を学んでいます。

 

正直、自分自身を不器用だと話す光家君。手先が不器用で細かい作業は苦手だそうです。

 

それでも現場で配線を触ってする仕事は、集中してしまって時間を忘れてしまうくらいに楽しい。

不器用だけど、もっと仕事に慣れて、様々な工事を自分一人で担当できる職人さんを目指したいです。

 

 

◎次のステップを目指して

 

色んな親方に付く時間が多く、人それぞれにやり方が違ってとても勉強になる。同時に、色んな人に褒められることがやっぱり嬉しい。いつも一所懸命やっているので、認めてもらえると嬉しいし、やりがいがあります。

 

学校時代に二種電気工事士を取得しました。

次の目標は一種電気工事士です。取得には実務経験が必要になるので、もう少し先になります。。

 

この仕事は難しいです。ただ入社当初と比べるとだいぶ慣れてきました。

図面と現場を照らし合わせた時にまだちょっとイメージが湧きません。どんなふうに建物が組み立てられていくのかを理解するにはもっと経験が必要です。

 

ある先輩社員と現場に行った時に、仕上がりがとてもキレイだったことが印象に残っています。

すごく仕事が丁寧でした。仕事が速くて仕上がりがきれい。正直かっこいいと思いました。

 

新入社員として入社して、間もなく1年になります。

今後、こんな先輩のような仕事を目指したいです。

 

 

◎仕事以外の事もめちゃめちゃ楽しい

 

会社のいいところなどは、自分もまだ親方に仕事に連れて行ってもらっている状態なので、正直まだ感じられません。今はまず覚えることがいっぱいで、独り立ちしていけたら感じられるかもしれません。

 

ただ、人それぞれ教え方や説明の仕方は違うけど、どの親方も優しい。

勿論、厳しいことも言われます。特に安全面は厳しいです。

自分の目では見えないこと、気づかない危険性等を教えてもらえるので非常にありがたいです。

 

人も、雰囲気も明るい会社で、雰囲気が悪いところを感じません。

建設業については、学生の時にアルバイトで足場の仕事等もやっていたので雰囲気は知っていましたがイメージと少し違ってました。居心地はとても良いです。

 

今のところは困っていることや、嫌なことはありません。

今は与えられた仕事をただ一所懸命やるのみです。

 

昨年は、新入社員歓迎会やビアガーデン、社員旅行、忘年会とたくさんの会社行事に参加しました。

正直、めちゃめちゃ楽しかったです。

 

会社にいる時とは違って、プライベートのように気をほぐして、気楽にしゃべれる機会でした。

出かけるのが好きで、飲み会も大好きなので、仕事以外の事もめちゃめちゃ楽しいです。

 

 

最後に、

電気の仕事は難しいことが多い。

現場はそれぞれに違っていて、同じことを繰り返す仕事は無い。

難しかったり大変だったりするけど、頑張った分だけ仕上がった時に、自分の目で見て、電気が通った瞬間を感じる事が出来る。

この瞬間が楽しくて、一番うれしい。

 

と話してくれました。

 

 

≪社長からのコメント≫

光家君は社内でも、周りにかわいがられやすいキャラで、とても良いと思います。

仕事についてでも、仕事以外の事も、お互いにいろんな事を話しあえる関係になっていきましょう。

 

 

 

 

とても前向きで、何事も一所懸命で明るい富山工業高等学校卒の光家君を紹介しました。

一覧へもどる

トップ お知らせ